ブログカテゴリ:ダイニングテーブル



納品記事 · 2019/07/10
長野県東御市にオープンしたOrganic Cafe DITOさんに納めたシンプルなダイニングテーブルです。2500×1000の大きなセンターテーブルと800×800の二人掛けスクウェアテーブルを2台納めました。

納品記事 · 2019/02/10
茨城県の神栖市のT様邸に納品したそら豆ダイニングテーブルです。 L字に置かれたベンチと椅子はT様がもともと使っておられた物です。座面の高さが35センチで一般的なダイニングチェアと比べると5センチくらい低いです。このそら豆テーブルはそれに合わせて高さを64センチにして製作しました。

製作記事 · 2019/01/24
今、自宅で使っているダイニングテーブルをご紹介します。 ダイニングルームには大きなダイニングテーブルを置く予定で家を設計していたんですが、家が完成した後もそれを作る時間がなかなか取れなくてしばらく在庫品の楕円テーブルを使っていました。 その間もどんなテーブルにするかさんざん悩んでいて「大きな丸テーブルが良いかな。」とか、「やっぱりうちらしくそら豆型かな。」とか… でも去年、付き合いのある材木屋からタモの60ミリ厚の耳付き板を10枚くらい買ってあったので、それを思い切って使ちゃうことにしました。 自分達が使うのにはちょっと贅沢だとは思うのですが、耳付きテーブルをご検討されているお客様にもご覧いただける展示品にもなるし、まぁ良いかな、と思ってね。

納品記事 · 2019/01/19
愛川町のM様邸に納めたコンパクトサイズの二人用ダイニングテーブルです。天板に栗の一枚板を使っています。元々は上の画像の左奥に写っている脚にこの一枚板が乗っかっている座卓でした。 ところが最近、奥様の腰痛がひどく、立ち座りが非常に辛くなってきたそうなんです。それで「そろそろ椅子の生活に切り替えたい。」と思われてうちにご相談にいらっしゃいました。 「一枚板の天板はとても気に入っているので、脚だけ新たに作ってもらうことができますか?」というご相談内容でした。

納品記事 · 2018/10/29
アメリカンチェリーのそら豆ダイニングテーブルとそら豆ダイニングチェア2脚を相模原市のY様邸に納品してきました。 和やかで明るいY様家族にとてもよく似合っているダイニングテーブルセットでしょ?

納品記事 · 2016/12/30
アメリカンチェリーで製作したシンプルなダイニングテーブルです。

納品記事 · 2016/12/04
藤沢市のN様邸に栃の一枚板テーブルを納品してきました。甲板サイズが2200×950ミリで厚みが60ミリもあるのでメチャメチャ重かったですがN様ご夫妻にも手伝っていただき、なんとか搬入できました。それに駐車場からお庭を通ってこの掃き出し窓からストレートに搬入できたのも好都合でした。

一枚板テーブルの脚
製作記事 · 2016/11/23
栃の一枚板テーブルを製作中です。甲板のサイズは2200×950ミリで厚みが60ミリもあるかなり立派な一枚板です。それに負けないように脚も太くしてボリューム満点に作ろうと思います。この脚の角材は105ミリ角に仕上げました。もともとは160ミリ角もあるエラくごつい角材だったのですが、それじゃあまりにも太すぎるのでバンドソーで割いてこの厚みにまでもっていきました。せっかくの太い材を細くしてしまうのはもったいない気もしますがデザイン上のバランスというものがあるので、まぁ仕方がないですね。

栃の一枚板
製作記事 · 2016/11/14
次に製作するオーダー家具の材木です。栃の一枚板です。もちろん耳付きのダイニングテーブルを作ります。長さ2700ミリ、幅は900~1000ミリ、厚みはほぼ60ミリあります。節や変色などの欠点もほとんどありません。こんな良材を扱うの事はめったにありませんから柄にもなく少々緊張しています。

変形ダイニングテーブル(相模原市・M様邸)
納品記事 · 2016/02/28
天板の形が個性的なダイニングテーブルです。オーダー主のMさんがご希望されていた内容を元に形にしていったものです。 全体的には丸っこいふくらみを持たせてほしいという内容でしたが部屋のコーナー壁にくっつけて使用することもあるというので、左と奥の面は直線にして角は直角に近い形にしています。

さらに表示する