カテゴリ:その他の納品記事



納品記事 · 2020/01/20
うちでは普段あまりやらないリメイクの事例をご紹介します。 「ダイニングのすぐ横にある洗面台に無垢の扉を付けて見栄えを良くしてほしい。」というご相談がありました。

納品記事 · 2019/12/18
小田原市のI様邸に納めた洗面化粧台です。家のリフォームの際にお施主さん直々にひょうたん蔵をご指定いただき、いくつかの造り付け家具を納めさせていただきました。この洗面台はその中の一つです。

オリジナル商品 · 2019/11/24
渋谷区のS様からご依頼いただいた愛猫「とらじちゃん」のための木製骨壺ケースのご紹介です。 まずはS様から最初にお問い合わせいただいたメールの一部をご紹介させていただきます。

納品記事 · 2019/01/31
八王子市のI様邸に納めた特注のお仏壇です。50代という若さで亡くなられた奥様のためのお仏壇としてご主人からご注文いただきました。 ご家族が一緒に過ごされていたリビングルームに置かれるということでしたので、お部屋の雰囲気を壊さないように大げさでなく、明るい感じのお仏壇、というよりむしろ仏壇に見えないように作ってほしい、というなんとも難しいご注文でした。

納品記事 · 2016/06/26
「思い入れのある大事な看板を再利用して何か作ってもらえませんか。」というご相談を受けました。 詳しい事情は述べられませんがオーダー主様が別荘として使われていたお宅の玄関に掲げられていた看板だそうです。 ご高齢となり別荘に通うのも大変になってきたのでその別荘は数年前に手放したそうですが、この看板だけは大事に持ち帰って自宅に保管されていたそうです。

納品記事 · 2016/06/23
千葉県山武市のS様邸に最近亡くなった愛犬のための骨壺ケースを納品してきました。

納品記事 · 2016/05/21
大事なペットを亡くされて悲しんでおられる方のお気持ちは自分たちも昨年デールを亡くした経験をしたばかりなのですご~くよくわかります。 昨日まではいつもそばにいてくれて頭や体をなでていたのにもうこれからは触れてやることすらできない、という喪失感は本当につらいものがあります。 遺骨になってしまってもせめて自分たちの近くに置いてやって頭を撫でてやれるといいな。と思って作ったのがこの骨壺ケースでした。 そのように最初は単純に自己満足するためだけに作った品なのですが、これが意外なことに僕と同じようにペットロスで悲しんでおられる方から共感をいただけているのかもしれませんね。 今回ご注文くださったのは平塚市のM様母娘。 まだ6歳で亡くなってしまったアメリカンショートのレオ君のための骨壺ケースです。

納品記事 · 2016/05/08
つくば市のY様からオーダーいただいたハンガーラックです。 Y様のご要望を最大限取り入れてデザインしました。Y様は今までにいくつも家具をオーダーしてくださっているのでひょうたん蔵のことをよくわかってくださっています。こちらもY様のお好みはよくわかっていますから割とすんなりとご要望どおりのデザインをご提案することができました。

納品記事 · 2015/11/23
8月に亡くなったF様の愛猫「ネロ」ちゃんの遺骨が入った骨壺を収納するためのケースです。 うちも今年1月に愛犬「デール」を亡くしましたが、そのデールの骨壺を納めるための木製ケースを作ってやったことをブログでご紹介させてもらいました。 それをたまたまご覧になられたFさんご夫妻が「これだ!」と思ってメールで問い合わせてきてくださったのです。 骨壺ケースにはこれまでにも何件かのお問い合わせをいただいていましたが実際に製作にまで至ったのは今回が初めてです。 Fさんが最初に問い合わせてきてくださったメールの丁寧な文面からは、ネロちゃんを失ったことへの辛い思いがこちらにも痛いほど伝わってきました。 僕らもデールを失ったばかりでしたからなおさらね。

納品記事 · 2015/03/01
鎌倉市のN様邸に納めたちょっと風変わりなお仏壇です。 若くして亡くなられたご主人をご供養するために奥様からご注文いただきました。 仏壇には形式的な決まりごとがいろいろあると思いますが、奥様はそういった形式にとらわれず、そんなことよりも自然が大好きで明るい性格だった故人をなんとなくイメージさせるようなお仏壇である事を一番に望んでおられました。 たぶん、そういう特異なご要望だったからきちんとした仏壇屋ではなく、うちのようなテキトーな家具工房にお問い合わせくださったのだと思います。

さらに表示する