ナラの端嵌め式ダイニングテーブル(杉並区・K様邸)

ナラの端嵌め式ダイニングテーブル(杉並区・K様邸)

以前から気に入って使っていらっしゃる肘掛け付きのダイニングチェアに合わせるようにデザインしました。

ナラの端嵌め式ダイニングテーブル(杉並区・K様邸)

普通、4本脚のテーブルは脚をしっかりと固定するために4辺にグルッと幕板が付きますが、これが付くとこのような肘掛け付きの椅子はテーブルの中にしまえません。幕板を付けず金物だけで脚を固定しているテーブルは見た目がスッキリしていて人気ですが強度的にはちょっと不安があります。僕はお客様には何十年も使ってほしいと思って家具を作っているので金物だけに頼って脚を固定するようなことはしたくありません。

ナラの端嵌め式ダイニングテーブル(杉並区・K様邸)

上は製作途中の画像ですが、裏を返すとこのようになっています。肘掛け付きの椅子を中にしまえるようにするために幕板を奥の方に入れ込んでいます。幕板は甲板が垂れさがらないようにする役割も果たしますからできればあった方が良いですね。幕板って地味な部品だけど結構大事な役割を果たしているんですよ。

ナラの端嵌め式ダイニングテーブル(杉並区・K様邸)

2本の丸棒脚はあらかじめニ段ホゾ組みで妻手の幕板とがっちり固定してありまして、それと甲板に固定されている幕板の枠をジョイントボルトでつなぎ、なおかつ甲板へもボルト締めして固定しています。木の収縮方向が一緒なのでボルト穴は長穴にする必要はありません。

ナラの端嵌め式ダイニングテーブル(杉並区・K様邸)

丸脚をかなり太めに作っているので見ためにもどっしりとしていて安定感があります。


素材 :ナラ
仕上 :着色、オイルフィニッシュ

テーブルサイズ :1600(w)x900(d)x700(h)