黒豆座卓を製作

ウォルナットの黒豆座卓

ウォルナットの小さなそら豆型の座卓を製作中。ウォルナットは白太が多いし意外と節も多いんで木取りには毎回苦労します。でも、なんとかうまいこと節を避けて板矧ぎできました。展示販売品なら少々節があっても現物を見てそれが自然の木の良さだとわかってくださる方がお買い上げくださるのでなんら問題ないのですが、すでにお客さんが付いている特注品、オーダー品の場合はそのお客さんがこの節を見てどう思われるかわからないのでなるべく悪いところを取り除いて製作するしかないのです。

板矧ぎした後、数日置いて接着剤を完全に乾かしてから「さぁ、そろそろ天板の加工を始めるか。」と思ってジグソーでそら豆型に切り抜きました。

ウォルナットの黒豆座卓 節

予定通りうまい具合にこの大きな節を避けて切り抜くことができました。と思って落としの材を取り除いてみたら・・・

ウォルナットの黒豆座卓 節

あちゃ~。こんなに中の方までいってたのね。ここは丸面をとるので補修のしようがないな~。

ウォルナットの黒豆座卓 板剥ぎ

考えていても仕方がないので節が入った材を矧ぎ目からスパッと切り落とし、手押しカンナを掛けてから別の材を接ぎ直しました。

これでまたしばらく放置しておかなくてはなりません。やれやれ。