栃の一枚板のテーブルを納品

栃一枚板テーブル(座卓時)

藤沢市のN様邸に栃の一枚板テーブルを納品してきました。甲板サイズが2200×950ミリで厚みが60ミリもあるのでメチャメチャ重かったですがN様ご夫妻にも手伝っていただき、なんとか搬入できました。それに駐車場からお庭を通ってこの掃き出し窓からストレートに搬入できたのも好都合でした。

しかしこういう重い家具は作るのも納品するのもなかなかきつい歳になってきましたね。そろそろ僕らだけでやるのも限界かなと・・・

栃一枚板テーブル(座卓時)

脚を外せるようになっていて脚の付け方を変えるとテーブルにも座卓にもなるデザインです。まずは座卓にした状態をシュミレーションしてお見せしました。重くてめったなことがない限りやらないだろう、とおっしゃってましたが人が大勢集まるようなときはもしかしたらやることもあるかもしれませんから一応ね。

栃一枚板ダイニングテーブル

その後、ダイニングテーブルに組み直して所定のスペースに設置。広いダイニングルームなのでこれくらいの大きなテーブルを置いても全く違和感ありません。ちょうどよいサイズでしたね。

このテーブルの甲板に使った栃の一枚板は栃の割にはおとなしめの木目です。N様はあまりギラギラした杢をお好みでなかったようなのでこの一枚板を選んでおられました。僕もあんまりギラギラしたような杢はちょっと品が無く感じ敬遠してしまいます。まぁこればっかりは好き好きですけどね。で、この板に関しては本当にちょうど良い頃合いの杢だと思いました。

それでもオイルで仕上げたら栃特有の美しい杢がそこそこ浮き上がってきてとても美しい表情を見せてくれました。

栃一枚板ダイニングテーブル

製作しているときは脚が太すぎるかな~、と少し不安がありましたがこうやって出来上がってみるとこれでちょうどよかったと感じました。

画像ではこの迫力がなかなか伝わらないのが残念ですが、とにかく存在感のある一枚板テーブルになりました。

僕が今まで作った数あるテーブルの中でもおそらく最も高価なテーブルになったんじゃないかと思います。高いのは材木の値段なんですけどね。


素材:栃

仕上:オイルフィニッシュ

サイズ:2200(w)×950(d)×700(h)