About solid wood

<無垢材について>

無垢材は自然の木そのものです。無垢の木ならではの木目の美しさ、それぞれの素材の持つ表情は様々です。
温かみのある手触りや、経年変化していく色味を楽しめるのも無垢材の良さなのでしょう。
一方、工業製品でない分同じ材種でも色や木目が均一でなかったり、部分的に節があるのは自然の姿です。

ひょうたん蔵では、それぞれの材が持つ自然の美しさを最大限に生かし、家具やインテリア小物の製作をしています。


<材種について>

 ひょうたん蔵では、主にナラ、アメリカンチェリー、ウォールナットの材料を家具や小物作りに使っています。
(ご希望によっては、タモ、アルダーを使用する場合もあります。)
材種の選択は、好み、お部屋の雰囲気、ご予算によって自由に選択していただければと思いますが、迷った時にはできる限りのアドバイスをさせていただきますので是非ご相談ください。
それぞれの材料の特徴を簡単にご説明します。

ナラ(ミズナラ)

ブ ナ科の落葉広葉樹。日本全国や中国・朝鮮・ロシアなどに分布しますが、質は北海道産のものが最高とされています。導管がはっきりした環孔材で、柾目面には 「虎斑」と呼ばれる独特な杢が出ます。辺材は虫が食っていたり、もろかったりするので使いません。心材の部分のみ使い、色はくすんだ褐色です。材としては 重硬で加工は割と大変です。

ウォルナット(ブラックウォルナット)

クルミ科。ほとんど北米産の材を使用しています。木によって明るい茶色から紫がかった褐色まで様々な色味や木目のものがあります。強度や粘りがあり狂いも少なく、また加工性も良いので家具材としては申し分ありません。

チェリー(アメリカンブラックチェリー)

バラ科サクラ属。北米産の材です。散孔材らしく木肌が緻密で、仕上げると表面がツルリとして滑らかです。削りたての時は明るい橙色ですが、日に焼けるとす ぐに深い紅褐色に変化していきます。木肌に時々黒い斑点(ガム)が出るのもこの材料の特徴です。

タモ(ヤチダモ)

モ クセイ科トネリコ属の落葉広葉樹。北海道産や最近は中国産が多い。年輪のはっきりした環孔材で木目がとてもはっきりとしています。使用できる心材はくすん だ淡黄褐色で木目にむらが少なく揃えやすいのが良いところです。時々、珍しい杢が出ることがあり、木目の表情を楽しめる材料です。

アルダー

カバノキ科ハンノキ属。ヨーロッパ、太平洋の北西海岸に生育するそうです。淡い赤褐色で少しぼんやりとした木目の散孔材です。広葉樹の中では柔らかい材種で、加工性はよく、肌触りが優しい印象の材です。


<オイルフィニッシュについて>

ひょうたん蔵の家具・インテリア小物は、すべての仕上げがオイルフィニッシュです。オイルフィニッシュは、組みあがった素地の状態に自然塗料であるオイルを染み込ませ、表面を保護する塗装の方法です。「塗る→拭き取る」の作業を数回繰り返し仕上げます。
オイルフィニッシュの特徴は、表面に塗膜を作らないため木が呼吸し続ける事ができます。ですから、木の持つあたたかみや自然な風合いを損ねず、時を経ることで自然なツヤがでてきます。使い込めば良い味がでてきて、愛着が湧いてくることでしょう。
ただ塗膜がない分、水分や熱に弱い事が弱点です。時々メンテナンスをしていただいたり、ちょっとした気遣いをしていただければ、ずっと長く使い続けていただけます。 例えば、シミやキズをできるだけ防止する為に、ランチョンマット、コースター、鍋敷きなどを使っていただいて、濡れたもの、熱いものから家具の表面を守ってあげて下さい。メンテナンスにつきましては、「日頃のお手入れとメンテナンス」をご覧ください。


<塗料について>

ひょ うたん蔵で使っている塗料は、プラネットカラー「ハードクリアオイル」です。この塗料は、100%植物油と植物性ワックスを使用した天然木材保護塗料で、 クライデツァイト社とプラネットジャパンの共同開発によって生まれ、木の特徴を最大限引き出し人と環境にやさしく安全な塗料です。
塗料の詳しい内容はプラネットジャパンのホームページをご参照ください。


<日常のお手入れとメンテナンス>

「プラネットカラー」でオイルフィニッシュした家具のお手入れ方法です。

日常の汚れは乾拭き又は固く絞った布巾で拭きとって下さい。
「家 具のツヤが無くなったな。」と感じてきたら、全体的にオイルを塗ってよ~く拭き取ってあげて下さい。例えば、ダイニングテーブルなどのように頻繁に拭き取 る事の多い場所は1~2年に一度。サイドボードや椅子などの場合はツヤがなくなってきて気になるようでしたら再塗装してあげてください。
塗料をご希望の方 には使用する量をお分けしていますので、お気軽にご相談ください。

わずらわしいメンテナンスはほとんど必要無いと思っていただいて結構です。


<無垢の家具と暮らす>

無垢の家具と暮らすには、家具の事をちょっと気遣う生活を心がけてあげて下さい。 無垢の木は元々自然環境にあった素材ですから、強い直射日光、極端な冷暖房、加湿、除湿にあまり強くありません。できるだけ自然に近い環境づくりをしてもらえると、家具も心地よくいることができます。 生活の中で使い込んでくると、どうしてもシミやキズができてきます。その一つ一つも家具と家族の歴史として次第に良い味として変化してきます。
どうぞ少し気遣いながらも、あまり神経質にならずに無垢の家具と共に楽しく暮らしてもらえればと思います。


<無垢の家具のお取り扱い注意事項>

無垢の家具はデリケートな部分も持っています。下記の様な取り扱いは絶対にしないで下さい。また下記内容で生じた不具合、破損に関しては、保証の対象外となりますのでどうぞご注意ください。

・本来の家具の用途と違う使用方法。(改造などもしないでください。)
・不自然な環境での使用。(屋外、高温の室内、過度な加湿状態など)
・不注意な取り扱い。(家具の移動、お引越しなどの移動にもご注意ください。)
・お取り扱いに関する事項以外のメンテナンス方法や使用。