無垢の家具工房ひょうたん蔵について

無垢の家具、木製品は使うほどに手に馴染み、丁寧にお手入れをしながら使っていただければますます自然な良い風合いに経年変化していきます。

無垢材は他の素材には代え難い大きな魅力を持っています。

 

ひょうたん蔵で主に使用しているナラ、ウォールナット、チェリー、桜、タモ、クルミなどの広葉樹材は今ではとても貴重で高価な自然素材です。

自然から贈られた大事な資源ですので私たち作り手はお客様に長いこと気に入って使っていただける作品づくりをしていかなければならないと強く思っています。

 

ひょうたん蔵で製作する家具やインテリア雑貨はご覧いただくとお分かりのように柔らかみや温かみのあるデザインの製品が多いです。

使う人に心地よく、木の温もり、風合いをより一層強く感じていただけるようにと願って作っていたら自然とそういう作風になってきました

 

オーダー家具においてはそのお客様が本当に望んでおられることが何なのかを常に模索しながらデザインをご提案しています。

ひとりよがりな提案にならないように心掛け、家具作りのプロとしてお客様のご期待以上のご提案ができて、それを実際に形にしてお届けすることができればそれ以上の喜びはありません。

 

また、ひょうたん蔵では納品後もできるだけお客様との関係を保ち続けたいと考えています。

製品はもちろん自信を持ってお届けしておりますが、万が一問題が発生した場合にも迅速に対応させていただきます。

お客様が心から満足していただくためにはアフターケアがとても大切なことだと思っています。

売ったきりというのは一番無責任なことですからね。

実際に今までのお客様は何も問題が起っていなくてもたまにご連絡いただいたりして楽しくお付き合いをさせていただいているケースが多いです。

 

これこそがひょうたん蔵の思い描いていた家具屋としての理想的なスタイルです。

 

すべてはひょうたん蔵の製品をいつまでも大切に使っていただくための事なのです。


家具工房ひょうたん蔵の歴史

創業時の寒川工房

2000年1月1日(元旦) 神奈川県寒川町にて「家具工房ひょうたん蔵」を創業。

 

かなりオンボロな農家の納屋(約11坪)が最初の工場でした。

平塚職業訓練校を卒業したての当時はとにかく自分たちの工房を持ちたいという一心でしたので、その夢がかなえられただけで本当に満足でした。

 

機械は万能木工木と昇降盤、角ノミ盤、ボール盤を中古で安く買い求めました。あとは少々の電動工具のみ。

でも逆に木工機械が充実していなかったおかげで手道具での加工技術を磨くことが出来たのかもしれません。

工房名は「瓢箪から駒」という具合に「こんなボロ古屋でも意外と良いモノを作るね。」と皆さんから思ってもらえるように「ひょうたん蔵」と名付けました。

 

その当時、僕はまだ別の注文家具屋に勤務していたので仕事終わりの夜や休日にここへ通うのが一番の楽しみでした。

 

中津工場

2002年7月 手狭になった寒川の工房から、神奈川県愛甲郡愛川町中津に工房を移転。

 

愛川町の工業団地内にある精密機械工場として使われていた建物の一角(40坪程)をその会社の社長さんのご厚意でかなり格安で貸していただきました。

僕もその頃には勤めていた注文家具屋から独立し、そこからの下請け仕事をいただいたりしてなんとか生計を立てることができるようになりました。

ある大手自動車メーカーさんからキャンピングカーの家具製作を請け負い、明けても暮れてもそれを量産していた時期もありました。

その合間を見ては無垢材のオリジナル作品を少しづつ作りためていきました。

 

相模原市の手作り家具の店「アラジン」でも「ひょうたん蔵」の展示エリアを設けていただき委託販売していました。

(残念ながら今はオフィス家具専門店に変わっています。)

 

ここの工房にいる間に様々な木工機械を購入し、多くの皆さんのおかげで仕事も順調に軌道に乗せることができ、本格的に木工に専念することができるようになりました。

 

半原工場

2006年5月 愛川町半原に工房を建築し移転。隣接してショールームも併設。

 

自分たちが思い描いてきた理想の家具工房の形に近づけるために、現在のこの地に移転してきました。

「ひょうたん蔵」の作品をいつでも手にとってご覧いただけるようにショールームを併設しました。

 

神奈川県内といっても電車も通っていないエリアなため、車でないと気軽にお越しいただける場所ではないかもしれませんが、それでも遠方からはるばる足をお運びくださる方がだんだん増えてきてとてもうれしく思っています。

 

「ひょうたん蔵」のことを気に入ってくれた方のために、自分たちの手でじっくりと一つ一つ丁寧に家具や小物を作っていく。

という理想の形が少しづつ実現に近づいてきました。

 

新ショールーム

2014年5月 自宅兼ショールームをセルフビルド開始

 

半原に工房を移転してから8年の間、自分達の生活空間は工場の2階の屋根裏部屋でした。

それにけっして不満を感じていたわけではありませんが、それよりも ショールームをもっと広々としたスペースにしたかったのと、自分達の生活空間もひょうたん蔵の家具のリアルな展示場としてお見せ出来るようにしたいと考え、隣地にショールーム兼自宅を建設することにしました。

 

せっかく工房が隣にあるので建築工事には自らが積極的に参加したいと考え、ハーフビルドという形を取りました。

躯体工事までは業者に任せ、それ以降は全て納得のいくようにコツコツと自分たちで仕上げていくという建築スタイルです。

 

建築工事は普段やりなれない作業も多くて最初は戸惑いましたが、その経験が家具製作の仕事にもフィードバックでき、大変有意義な時間だったと今は感じています。

アクセスへ
工房へのアクセスはこちら

 

 

さて次はどんな展開が待っているんでしょうか。

 

 



スタッフ自己紹介

飯田 了司

 

1966年               神奈川県川崎市に生まれる。
1991年               多摩美術大学 立体デザイン科 インテリアデザイン専修 卒業。

1991年               コイズミ国際照明デザインコンペ銅賞 受賞
1991~1993年     ディスプレイデザイン会社に就職。文化施設などの空間デザイン。
1993~1997年     小田原の木工所で指物と寄木細工の技術を修行。
1998年               平塚高等職業技術校 木材工芸科にて家具製作の基礎を学ぶ。
1999~2003年     特注家具製作会社に就職。 家具職人として従事。
2000年~            家具工房「ひょうたん蔵」を設立。

 

飯田 周子

 

1971年                神奈川県横浜市に生まれる。
1992年                都内短大を卒業。 
1992~1997年      某大手電機メーカに就職。
1998年                平塚高等職業技術校 木材工芸科にて家具製作の基礎を学ぶ。
2000年~             家具工房「ひょうたん蔵」設立。